2013年12月18日(水)四谷天窓comfortにて。
ピアノ弾き語りライブに出演させていただきました。
年末のお忙しい中たくさんの方にお越しいただき会場は満席となりました。
本当にありがとうございました。今回はオリジナル曲と新曲を中心に構成しました。
WITH YOU(作詞・作曲 大藤史)

初めてのミニアルバム「泣いていいよ」に収録されている曲です。当時この曲は結婚式でリクエストしていただくことが多く、お祝いの席で歌うこともありました。久しぶりに歌ってみると昔とはちがう解釈で歌詞をもう一度思い出すことが出来ます。穏やかなバラード曲なので1曲目に演奏しました。

よかったら聴いてください
「WITH YOU〜大藤史 ピアノ弾き語り〜」
https://www.youtube.com/watch?v=yNODB2eGUK8
さよなら決めたなら

同じく「泣いていいよ」に収録されている曲です。この曲はわたしの中でも力強い曲調のオリジナル曲です。マイナーでアップテンポの曲です。失恋をしたばかりの女性が少しずつ立ち直っていく揺れる気持ちを歌詞にしました。この頃の曲を実際に演奏することで、当時の記憶がよみがえります。会社勤めと音楽活動を両立していた20代でしたね。また次は新しい恋愛ソングにも挑戦してみたいと思います。

よかったら聴いてください。
「さよなら決めたなら〜大藤史 ピアノ弾き語り〜」
https://www.youtube.com/watch?v=yva5WnuwEt8
Pearl White Eve

12月なのでクリスマスソングをカバーしました。この曲は松田聖子さんの名曲でもありますが、TPDでもカバーされていましたね。TPDファンのみなさんにクリスマスのTPD曲をお聞きしたら、この曲が1番人気でした。
実はこの曲の歌はとっても難しかったです。特にサビのところが1オクターブくらい一気に駆け上がっていくので、このあたりを特に丁寧に組み立てました。
カバー曲は、オリジナル曲と違う集中の仕方をします。オリジナルの歌手の方のイメージを壊さないように、歌をより丁寧に作ることを心がけています。毎回TPD楽曲も演奏していきますね。
あなたにつつまれて

大橋純子さんのカバーです。ぐっと大人っぽい恋愛ソング。優雅でゴージャスな曲調。1度歌ってみたかった曲です。私の声で歌わせていただくと曲の印象がガラっと変わってしまうのですが、自分に合わせたあ弾き語りにしました。
歌詞がとても素敵で映画を見ている感覚というのでしょうか。とてもリアルに映像を想像することができました。そしてその感覚に集中していると、いつの間にか物語のキャラクターに心を寄せて歌うことができました。歌うというより演じるという方向から歌を作っていく楽しさを覚えました。
曇りのち晴れ(作詞・作曲 大藤史)

久しぶりの自分のためのオリジナル曲を作りました(笑)ここ数年、作曲のお仕事が多く楽曲提供をさせていただける機会は増えたのですが、自分の曲をつくるのは何年ぶりくらいでしょうか。今回は10年ぶりに作詞にも挑戦しました。TPDからわたしを育ててくださっている清水彰彦さんのご指導のもと、作曲作業にとりかかりました。この曲はわたしを含めていわいるアラフォー世代への応援歌のような曲になりました。決して難しい内容ではなくライトな仕上がりになっています。曲調は明るいメジャーでテンポもミディアム。歌い方についてもご指導がありました。曲をよりよく演奏できるために少しテンポをあげて明るいトーンで歌もピアノ伴奏も作りました。

(新曲のため、著作権関係上、演奏動画をアップできません。)
空の果て(作詞・作曲 大藤史)

もう1曲新曲をつくりました。冬の曲です。大切な人が遠いところへ旅立ってしまったら、もう1度どこかで出会えるような気がしています。さようならを受け入れて前向きに歩いていきたい。そんな思いを歌にしました。
曲が出来上がる順番としては、まず最初にメロディーを作曲します。そのあと作詞に入ります。この曲はふと思いついた歌いだしの歌詞が頭から離れなくなりこのフレーズを大切に広げていきました。そのときわたしが日常的に感じていたことでもあります。しっとりとしたワルツバラードですが決して暗くならないように、こちらもテンポを気持ち早くして、歌もあまりしっとりしないように爽やかな演奏を心がけました。

(新曲のため、また著作権の関係上、演奏動画をアップできません)
あなたへのうた[女声合唱組曲「あなたへのうた」より](作詞 栗原寛 作曲 大藤史)

音楽之友社より発売中の女声合唱組曲「あなたへのうた」は全国のお母さんコーラスのみなさまに歌っていただける曲となりました。心から感謝申し上げます。組曲タイトルにもなっている「あなたへのうた」を今回初めて演奏しました。この曲は組曲の最後の曲になっています。合唱曲では歌い初めからエンディングに向けて盛り上がり、最後の歌い終わりの箇所は、まだ演奏が終わらないうちから会場から拍手が沸き起こるほどの圧巻の編曲になっています。
あなたへうたを歌うという、シンプルな思いを歌ったこの曲。本当は合唱versionでお聴きいただきたいところですが、ピアノ弾き語りで演奏しました。

よかったら聴いてください。
「あなたへのうた〜女声合唱組曲「あなたへのうた」より 大藤史弾き語り〜」
https://www.youtube.com/watch?v=Ii4czygtNl0
終わりに

2013年もとても充実した音楽活動をすることができました。今回のライブで2014年はライブの度に新曲をつくることを宣言しました(笑)自分のために作るオリジナル曲は、他のアーティストさんへの楽曲提供とはまた違うおもしろさがあることを再認識できます。また今の年齢になったからこそ歌える歌も丁寧に作っていこうと思います。
お忙しい中たくさんの方に起こしいただき本当にありがとうございました。
引き続きご指導、応援のほどよろしくお願いいたします。