2012年5月5日(祝・土)四谷天窓comfortさんにて。
comfort presents スリーマンライブに出演させていただきました。

ここ最近、舞台音楽をつくる機会が増えたわたしにとって、自分の音楽活動の基本であるここ天窓さんでのピアノ弾き語りライブは、改めてとても大切な時間となっています。
自分の音楽の原点に返り、裸の自分の音楽と向き合える貴重な場所。そしていつもの自分の姿に戻れる場所。ホームです。

わたしの出番は久しぶりにトップ。トップにも関わらずたくさんの方にお越しいただきとても感激しました。みなさんと一緒にこの時間を共有できる幸せを感じながら、とても嬉しい気持ちで舞台に上がりました。
願いが叶う場所

久しぶりにこの曲を歌いました。楽曲提供したゲームの主題歌です。何年も前に書いた曲ですが、こうして再演奏すると改めてこの曲が好きだったことを思い出します。
自分で作曲していますが、新曲の誕生は毎回わたしにとっても新鮮な出会いです。
何年も歌い続けることのできる楽曲をこれからも丁寧に作っていきたいなと思いました。
この曲は作詞もした曲です。そういえばこの曲を書いた頃はたくさんの方のサポートをいただき作詞も少しガンバっていましたね(笑)今は全然書けないけど。ゆったりとテンポを落として演奏しました。
わたしぼっち

「夏草はすぐ背伸びしたがる。明日を待てなくて」という歌詞がとても好きです。
TVアニメ ポポロクロイス物語から。この曲をつくったときにもステキな出会いがありました。ステキな音楽は1曲ずつステキな方との出会いも運んできてくれます。
これまでつくってきたアニメ・ゲームソングはどの曲も今歌うと、どこか懐かしく切ない気分になります。当時はそんなことは考える余裕もなく一生懸命作っていましたが、今はまた今の楽しみ方ができます。心が優しくなりとても落ち着いて歌える大好きな曲です。
オリビアを聴きながら

4月に公演された中村JAPANドラマティックカンパニーのお芝居。「笑いすぎたハムレット」では音楽を担当させていただきました。ブログはこの舞台音楽奮闘記ばかりになっていますね(笑)このお芝居、劇中歌はほとんど歌謡曲や日本の有名曲でした。わたしも数曲アレンジをしました。劇中ではオフィーリアが歌ったこの曲。この曲のアレンジ作業をしながら、次の弾き語りでカバーしようと、秘かに思っていました(笑)
弾き語りにはぴったりの曲ですね。女性なら誰でも1度は歌ったことのある曲ですよね。
わたしも大好きです。
太陽の陰(TPDより)

今回はTPDdashから1曲演奏しました。わたしはdashの中でこの曲が1番好きでした。
マイナーでひときわ大人っぽく、ただそのときはただ踊りに必死だったので、歌詞の意味を深く考える余裕がありませんでした。こうして今読み返すと、とても大人っぽい情熱的な歌詞ですね。弾き語りでは1コーラス目はフリーでゆったりと、2コーラス目からビートを低音で刻みボリューム感を出していきました。TPD楽曲、改めて名曲ぞろいだとおもいます。次のライブでは何を演奏しましょう(笑)
夜桜お七

先日のこまいぬライブでは、バンドで演奏したこの曲。今回はピアノ弾き語り用にアレンジしなおして演奏しました。ピアノもウタもメリハリを出すために、薄くする箇所、ボリュームを上げる箇所、テンポをあおる箇所、攻める箇所、引く箇所など いろいろな工夫をしました。 ライブ終了後、この曲の作詞秘話をあっきーさんから教えていただきました。どうりでこの歌詞がこんなにも色っぽく艶っぽくそして情熱的なのか分かりました。
今回の弾き語りバージョン。とても嬉しい評価をいただくことができ、歌詞の意味も改めて理解できたので、この曲はこれからも歌っていきたいと思います。
さくら

先月、音楽の友社より楽譜本として発売されたばかりの<女声合唱とピアノのための組曲「あなたへのうた」>から「さくら」を演奏しました。先日、紀尾井ホールで行われた初演楽譜発売記念コンサートは大成功に終わり、この組曲は徐々に口コミで合唱界で広がっているそうです。たくさんの合唱団で演奏していただけることになり、今年の夏に行われるおかあさんコーラスでの大きなイベントでも、この組曲を取り上げてくださるそうです。
発売から1ヶ月もたたないのに楽譜本が増刷される勢いだとか。作りとしては最高に嬉しいことです。
そして、この曲が合唱曲のみならずソロ曲としても成長していけることを願っています。
そのためにはまず曲を書いたわたしからソロバージョンを歌い始めようと思います。この曲は演奏するたび高い評価をいただきます。ここ天窓からも広がっていくといいなと思っています。
季節を抱きしめて

春と言えばやっぱりこの曲。わたしの大切な原点の曲。この曲にめぐり合えたおかげで今も音楽を続けられているのかもしれません。わたしが音楽を続けている限りこの曲は大切に大切に歌い続けていきたいとおもっています。
ラストの曲でしたので、オリジナルより少しテンポを上げて演奏しました。
たくさんの方にお越しいただき、無事に7曲演奏できることができました。
あっという間の時間でしたが充実してとても楽しかったです。ウタえばウタうほど弾き語りが好きなことを実感でき、会場全体から大きなパワーをいただきました。
舞台音楽などたくさんの音楽作りに参加させていただけるようになった今、ここ四谷天窓さんでの弾き語りライブは、わたしの中でとても大きな意味のあるものになっています。
こうしてライブをさせてもらえることのありがたさを歌いながら何度も感じました。
大好きな弾き語りライブ。これからも続けていきますので、どうか今後ともよろしくお願いいたします。そしてお好きな曲などあったら、これからもぜひ教えてくださいね。練習して歌えるようにします(笑)
お忙しい中、本当に本当にありがとうございました。


次回のライブは夏を予定しています。詳しくは決定次第お知らせいたします。